teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


コメントに「カジノ」

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月20日(土)01時07分32秒
返信・引用
  こんばんはー!ちょっとだけ

ブログ『「ダメなものはダメ」日記』のほうでコメント欄も楽しみにしています。
きょうは「カジノ」や「online casinos」、三つほど入っていますね。
他のお客様のコメントを見るぶんには差し支えないのでしょうが、
なにか迷惑なものですね。
 
 

Re:TDMS様 & こぶくろふぁん様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月19日(金)02時44分51秒
返信・引用
  >TDMS様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

 串カツ、近いうちに行きましょう。11月の末辺りにお時間ありますか?

「デビルマン」と「キャシャーン」の違い、よくわかりました。「キャシャーン」の方は映画として語る余地があるけれど「デビルマン」はそれ以前の問題だ、というふうに理解しました。

>こぶくろふぁん様

 16000のキリ番ゲット、おめでとうございます。今度お会いした際には豪華景品が当たる抽選券をお渡しします。
 ブログのマイナーチェンジについては現在鋭意(?)画策中です。期待せずにお待ち下さい。
 

きたー

 投稿者:こぶくろふぁん  投稿日:2004年11月18日(木)16時27分38秒
返信・引用
  「ダメなものはダメ」日記の16000ゲトー
この日記は自分で考えたことだから好きなようにやったらいいんじゃねぇの~~?
 

だっしーへ

 投稿者:TDMS  投稿日:2004年11月17日(水)23時55分16秒
返信・引用
  だっしーへ
串カツ屋行きましょう~
いつもの奴らで。

とりあえず、デビルマンについて書いときます。
ちなみに、反論、批判に対しては、
尻尾を巻いて逃げます。
基本的にチキンなんで~

>「デビルマン」と「キャシャーン」は、「北京原人 Who are you?」>を基準にするとどういう関係になるのでしょうか?

北京原人は観てないのでコメントのしようがありません。
というわけで、質問の答えにならないと思いますが、
自分自身の『デビルマン』への憤りについて書きます。

『デビルマン』の何に対して
一番不愉快に感じているのかというと、
知名度のある原作で、
知名度のあるタレントを適当に配置しておけば、
適当に作っても、観客はよろこぶであろう、
と製作者側が考えているのではないか?
と感じてしまうことです。

『キャシャーン』は少なくとも、
目一杯自分の作りたいモノを作ったという点で、
ただ単に”私と感性が合わなかった映画”と切り捨てることができますが、
『デビルマン』に関しては、感性が合わないとか
そのようなもんではないと思ったのです。

『キャシャーン』と『デビルマン』の違いは突き詰めればそんなところです。
では。
 

Re:あるぴにすと様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月17日(水)01時47分35秒
返信・引用
   今度、あのおっさんを焼き肉にでも誘おうか。
「これで命の火をつないで下さい! そして、歌い続けて下さい!!」って(笑)。
 

歌唱力は

 投稿者:あるぴにすと  投稿日:2004年11月14日(日)23時52分57秒
返信・引用
  相変わらずやったな。むしろ命の炎が消えかけてるような気がする。  

Re:NISSI様 & こぶくろふぁん様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月14日(日)23時18分26秒
返信・引用
  >NISSI様

 書き込みありがとうございます。

>昨日もそんなのありました。とある博物館に行ってたのですが、展示物を見ているとあるオバハン、ぼくにぶつかってきて「あ、ゴメン」。
「それが悪いことをした相手に対する言い方か?」って思いましたね。あんなオバハン、いつかキレたる…。

 おばさん(中年女性)とオバハン(DQNな中年女性)、おじさん(中年男性)とオッサン(DQNな中年女性)はこの際きっちり分類し、後者はDQNなわけですから糾弾すべき対象に指定すべきだと思います。
 私もあまり礼儀正しい方ではありませんが、さすがにタメ口というのはねぇ…。私の場合、昔は呆れて何も言い返せませんでしたが、最近は「チッ」と舌打ちぐらいは出来るようになりました。

>難波のビックカメラ~NGK近辺を歩いているとよくアンケートに引っかかりますが、コレ。
>質問内容はいつも決まっていて、「普段どういう服装か?」「仕事での服は?」「自分に服を選ぶセンスはあるか?」「服を買うのは奥さん?(独身なのに)」なのですが、その言い方が、「オマエはオレのツレか?彼女(必ずと言っていいほどぼくより年下の感じの女)か?」ってな感じの言い方。

 これ、私は遭ったこと無いのですが、ひどいらしいですね。友人もこういったアンケートに不愉快な思いをしたと言っていました。
 僕なら、「御社では初対面の人間にそういう口の利き方をするよう指導するマニュアルがあるのですか?」と言うくらいしか出来ないと思います。どうせなら「彼女気取りの口の利き方するんならまずヤらせろ!」くらい言ってやりたいのですが、育ちが良すぎてとてもそんなこと言えません。

>でもぼくは、番組の存在自体を否定する気はないです(この点はだっしーさんも同じでないかとは思いますが)。
 ごめんなさい。僕は感情的で未熟な討論番組自体に討論番組としての価値を認めていないので、同番組についても討論番組としての存在価値を全く認めていません(DQN観察番組としてならある意味楽しめるかも、とは思っていますが)。
 結局あの番組って、大人が自分たちの理解しやすい「十代の考え」を聞くための番組ですよね。NHKの大人によって作られた場で語ら(さ)れた「十代の考え」は、視聴者に受け入れられやすいようにと、NHKの大人たちに適度に青臭く、適度に挑発的で、適度に抑制のきいた味付けに編集されて放送されています。視聴者はそれをみて「これが『十代の考え』かぁ。熱いねぇ」もしくは「青いねぇ」と思うわけです。
 この「ぬるい構図」が大嫌いなのです。平たく言えば「所詮予定調和の中での本音に過ぎないじゃないか」と。福本伸行風に言うなら「貴様らの真剣など、所詮セーフティーなエリアでの真剣だ。さえずるなっ…!!」ってとこでしょうか(笑)。
 あ、この切り口で書けば良かった、と今思いました(笑)。

>こぶくろふぁん様

 そうですか。やっぱりそうなんです。そういうのは無視が一番なんですわ。
 

Re:よし様 & TDMS様 & minodii様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月14日(日)23時17分35秒
返信・引用
  >よし様

 書き込みありがとうございます。
 今度また是非スタバりましょう。積もる話(ネタ?)もありますから(笑)。

>TDMS様

 書き込みありがとうございます。

>あいかわらず濃いですな。

 もう薄くなるのは諦めました(笑)。ピンクの電話の竹内都子がダイエット後に再び太ったときに、
「カバはやせてもキリンにはなれません。カバならカバらしく健康なカバになります」
というようなことを語っていたのを手本として開き直りました。
 って、こういうことを書くのが「濃い」わけですね。

> >「デビルマン」と「キャシャーン」は、「北京原人 Who are you?」を基準にするとどういう関係になるのでしょうか?

 是非こちらに。基本的にこの掲示板は何でもアリですので(かつては、やたらホモネタをかぶせ合いしていた時期や、マッチポンプのアニカビ論争などもありました)、お気になさらずお願いします。

>また、呑みましょう~

 是非行きましょう。一度、ジャンジャン横町のソース二度付け禁止で有名な串カツ屋などにも行ってみたいのですが、いかがでしょう?

>minodii様

 書き込みありがとうございます。

>詳細を見ましたら360頁とあります。私の所蔵する新潮文庫も360頁です。
>活字の大きさどうなんでしょうね?どこかで確認してから対処します。

 文春文庫版「私の國語教室」は、店頭に並んでいる文春文庫版の新刊と同じ大きさの活字ですよ。
 活字を大きくするやり方は色々あるようです。字が大きくなってページ数が増えたものもありますが、今まで小さい活字を本の中央に詰め込んでいたのを、ページ数を変えることなく活字を大きくただけのもあります(これだとページ数にはあまり変動は出ませんが、その分周囲の余白が若干少なくなるわけです)。「私の國語教室」は多分後者ではないかと思います(きちんと調べたわけではないので推測の域を出ませんが)。

>休載広告を出していながら、先ほどのニュースに血が上り…記事をupしてしまいました。

 使用上の注意君も言っていましたが、一ファンとしましては書いて下さる方が嬉しいわけです。これからもじゃんじゃん書いて下さい(笑)。
 

11月14日現在

 投稿者:こぶくろふぁん  投稿日:2004年11月14日(日)18時34分57秒
返信・引用
  着信は一つもありませぬ。  

いつかキレたる…

 投稿者:NISSI  投稿日:2004年11月14日(日)10時05分24秒
返信・引用
  はじめまして、NISSIといいます(Y's Courtでぼくの稚拙カキコにコメントしていただいたことありますが、ここでのカキコは初めてなので、その意味での『はじめまして』です)。

「天皇陛下にまつわる人々」、読ませてもらいました。例のオバハンは、「被災した苦しさという叫びを誰かに聞いてほしかった、今回は偶然にもその相手が天皇だった、というように解釈できる」とは思いますが、ホントに口のきき方を知らないオバハンって多いですね。
昨日もそんなのありました。とある博物館に行ってたのですが、展示物を見ているとあるオバハン、ぼくにぶつかってきて「あ、ゴメン」。
「それが悪いことをした相手に対する言い方か?」って思いましたね。あんなオバハン、いつかキレたる…。
「いつかキレたる」でもう一つ、ぼくの「ダメなものはダメ」。難波のビックカメラ~NGK近辺を歩いているとよくアンケートに引っかかりますが、コレ。
質問内容はいつも決まっていて、「普段どういう服装か?」「仕事での服は?」「自分に服を選ぶセンスはあるか?」「服を買うのは奥さん?(独身なのに)」なのですが、その言い方が、「オマエはオレのツレか?彼女(必ずと言っていいほどぼくより年下の感じの女)か?」ってな感じの言い方。
直近の引っかかった時は、全て向こうに言わせないで、「普段の服装は見たまま、仕事時はスーツ、服を買うのは自分で、自分に服のセンスはない、何か答えてないのあるか?」って言ってやりましたが、今度、「ツレか彼女が聞いてくるような聞き方」してきたらマジでキレたろ。

「真剣10代しゃべり場」、ぼくも苦手ですね。「ガキんちょ笑うな来た道だ」とは言え、何だか過去の自分の汚点を晒されているような気になってきます。
でもぼくは、番組の存在自体を否定する気はないです(この点はだっしーさんも同じでないかとは思いますが)。「未熟な精神を晒す覚悟」なんて考えてる出演者なんて、まずいないでしょう。でもだからこそ、大人(ぼくを含む)のように「計算高い主張・討論」にはならず、「感情的ではあるが正直な今の10代の主張・討論」が展開されるのではないでしょうか。オトナの論理で権利を保護・否定されているからこそ、未熟とはいえどういう考えを持っているのか、聞いてみたいという人も少なくないのでは?
でもぼくも、20年位たったら「あの時はなんて恥ずかしいこと考えてたんだ!」って思うんだろうなァ。恥ずかしさのあまり自殺、なんてことはしないだろうけど(でも20年もたてばこの考えにも保証はないか)。

駄文長文、失礼しました。
 

「私の国語教室」

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月14日(日)00時45分3秒
返信・引用
  だっしーさま こんばんは

福田恆存著「私の国語教室」の情報有り難うございます。

だっしーさん記載のリンク、イーエスブックスを開いてみました。
コメントが七件もあり、やはり知る人ぞ知るの名著なのですね。

詳細を見ましたら360頁とあります。私の所蔵する新潮文庫も360頁です。
活字の大きさどうなんでしょうね?どこかで確認してから対処します。

追記:
休載広告を出していながら、先ほどのニュースに血が上り
書き殴り記事をupしてしまいました。爺は本当にダメですね(-_-;)
 

おひさ

 投稿者:TDMS  投稿日:2004年11月13日(土)23時40分29秒
返信・引用
  あいかわらず濃いですな。
ども初カキコのTDMSです。

>「デビルマン」と「キャシャーン」は、「北京原人 Who are you?」>を基準にするとどういう関係になるのでしょうか?
某HPにて説明を求められたので、
書こうと思いましたが、
掲示板の流れ的に、一人熱くなるのも嫌なので、
書くのやめました。
んで、ここで書こうかと思いましたが、
さらに場違いなのでやめときます。

また、呑みましょう~
では。
 

緑のジャージで承諾しますた

 投稿者:よし@Y's Court管理人  投稿日:2004年11月13日(土)19時20分21秒
返信・引用
  >管理人様
私の「出演」は、アクセス解析を通して知りました。既に記事は読了していますw
ちなみに、あのとき以来、スタバにはまったく逝っておらず、怪人も見ておりません。
今度、だっしーさんとスタバりたいものです。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~yscourt/

 

Re:burn_nail様 & minodii様 & Inα様 & あるぴにすと様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月13日(土)05時43分13秒
返信・引用
  >burn_nail様

 書き込みありがとうございます。
 と、お返事が遅れ申し訳ありません。

>ぼした祭りにまつわる一連の事件
>そもそも、ぼしたの語源が朝鮮を滅ぼしたから出たという説があり、それを聞いた朝鮮人が、不愉快に感じるから抗議の対象になった

 もし「ぼした」のこの語源が間違いなら、「片手落ち」と同じタイプになります。
「片手落ち」というのが、片手のない人に対する差別だとか何とか言って差別語扱いされているようですが、これは元々「手落ち」という言葉から来ており、この「手落ち」の「手」は「手段」の「手」なんだそうです。
 これは「語源間違い型」とでも分類しましょうか(笑)。
 言葉狩りについてはこちらも参考になると思います(見解については私と多少の相違が見られますが)。もし良ければ一度ご覧になって下さい。

 思考の根本は言葉です。言葉がないとそもそも人間は思考できません。その言葉を縛る言葉狩りがある種の思想統制的側面を有することは否定できません。
 言葉狩りが全てダメだと言うわけでもありません(「トルコ風呂」などは言葉狩りにあって当然だと思いますから)。ただ、言葉狩りをする前にもうちょっとつっこんだ考察をしろよ、と言いたくなります。

>minodii様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ございません。

>だっしーさんはじめ、「三人の天才」の皆さんってホンットーに二十歳、三十歳代の方なんでしょうか?

 私と使用上の注意君が「天才」かどうかはさておくとしましても、私と使用上の注意君が二十代であることは確かです(使用上君が歳を偽っていない限り)。ちなみに私はもうすぐ生まれて四半世紀に到達しそうです。


>昭和55年に福田恆存著「私の国語教室」を知りましたが、すでに単行本はなく、新潮文庫の増補版(53年7月第3刷)を二冊購入しました。
>先日、身を入れて読んでみようかと書棚から出しましたが、いつぞやだっしーさんが仰有ったように活字がメッチャ小さくて読みとり不能でした。苦笑。

 私が所有しているのは、2002年3月に出版された文春文庫のものです。こちらの方は活字も大きく読みやすいですよ。私がよく行く書店では品切れになっていたようですが、イーエスブックスだと在庫もありましたし、配達料無料で近所のセブンイレブンに届けてくれるのでネットで購入されてもいいかもしれません。

>Inα様

 こちらこそはじめまして。
 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

>「江川達也」
>前々から彼のインテリぶった偉そうな物言いに疑問を感じていた私としては、だっしーさんの文章には深くうなずく所が多く、まさに溜飲の下がる思いを味わいました。

 友人などには「エロ漫画家相手に向きになりな」などとたしなめられたりもしたのですが(笑)、お褒めの言葉を頂戴し感激しております。

>バックナンバーも現在チェック中ですが、これほど冷静かつ論理的に、しかも面白い文章を書かれる方というのは本当に稀有ではないかと思います。

 過分のお褒めに恐縮しております。ご指摘、ご批判などもございましたら是非お願いします。

>毎日更新されているというそのエネルギーにも脱帽です。今後とも愛読させていただきます。

 最近そのエネルギーが枯渇しかけてましたが、また沸いてきました。ご期待に添えるような文章を書けるよう頑張ります。

>あるぴにすと様

 書き込みありがとうございます。
 そうですか…相変わらずやってますか。それにしても蹴られながらも活動を続ける…艱難辛苦を耐えてはるんやなぁ(笑)。歌声に力はついてましたか?
 

陽気ぐらしのおっさんは

 投稿者:あるぴにすと  投稿日:2004年11月13日(土)00時48分21秒
返信・引用
  今もいつものところで陽気ぐらしを布教してるで。数年前ティッシュ配りの兄ちゃん達から蹴られながらも布教を続けていた、あのときのあのままの姿で・・・  

はじめまして

 投稿者:Inαメール  投稿日:2004年11月11日(木)22時28分19秒
返信・引用
  >だっしーさん
お初にお目にかかります。先日検索中にこちらのページに行き当たり、すっかり「ダメなものはダメ」日記のファンになってしまったInα(いな)と申します。北海道の高校で英語と情報を教えております。
その検索していた内容というのがこちらで8月に書かれていたダメなもの:「江川達也」でして、前々から彼のインテリぶった偉そうな物言いに疑問を感じていた私としては、だっしーさんの文章には深くうなずく所が多く、まさに溜飲の下がる思いを味わいました。
バックナンバーも現在チェック中ですが、これほど冷静かつ論理的に、しかも面白い文章を書かれる方というのは本当に稀有ではないかと思います。毎日更新されているというそのエネルギーにも脱帽です。今後とも愛読させていただきます。
まずはご挨拶まで。

http://homepage1.nifty.com/IKIBATA/

 

「お礼のち支離滅裂」

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月11日(木)16時58分59秒
返信・引用
  だっしーさま
何度も何度もご返事を戴いて恐縮です。有り難うございます。

貴重な時間と手間をこの爺のため、特別に割いて戴いていることに
心苦しさを覚えるこの頃です。

ところで
だっしーさんはじめ、「三人の天才」の皆さんってホンットーに
二十歳、三十歳代の方なんでしょうか?
「広くて深くて優しくて毅然」「春夏秋冬豊饒の山を水面に映す」
そんな泉、知識の泉をなぜお持ちになっているのか…
「どうして?」爺にはにわかに信じられません。
やはり間違いなく「天才なんだ!!」と確信します。

かつて肩ふれあった東大、京大、東北大…「卒」or「出」の人に
「さすが!」「すごい!」と感じたことがなかったのは
爺の運が悪かったと言うことだけでしょうかね。

あ、一人いらっしゃいました。高周波プラズマ発光分光分析装置
導入のために京都の島津製作所を訪れたときお会いした技師の方です。
いわゆる専門バカではなく、素直に「凄いな」と感じられる方でした。
(提出レポートにそれを書き加えてずいぶん顰蹙を買いましたが…)

とにかくブログを通じて水面に顔を出し、世間の広さに驚く爺です。
「憶測でしかものを言えないレベル」の爺にとって
皆さんとの出会いは全くの幸運だと喜んでおります。
今後もよろしくご教授下さいませ。
----------------------------------------------------------------
さて
戦後の国語改革の混乱期を跨いでしまい、混乱を混乱のまま持ち越し
苦悩している爺の世代へのご理解、本当に嬉しく思いました。

ご承知のことでしょうが、国語の全かな表示、ローマ字表示なんていう
ことまで話された時代でもありました。

昭和55年に福田恆存著「私の国語教室」を知りましたが、すでに
単行本はなく、新潮文庫の増補版(53年7月第3刷)を二冊購入しました。
(これを買うとき、その書店の主が
 「福田恆存なんてのが言ってる事は時代錯誤の耄碌話…」
 と言ったことに腹を立てて言い争ったことを覚えています)
この書店主が真っ赤な人だったため、これがきっかけで
労働組合や革新系の言動に不信感を持つようになったような…

閑話休題
先日、身を入れて読んでみようかと書棚から出しましたが、
いつぞやだっしーさんが仰有ったように活字がメッチャ小さくて
読みとり不能でした。苦笑。

>漢字表現以前に文章構成面でのご指摘をたくさん頂戴しておりますので…

爺:嘘おっしゃい!(笑)。

>括弧書きが多くて読みにくいのも何とかしなければなりません…

爺:いえいえとんでもない。労せずしてポイントを示していただき
  読みやすく理解しやすく助かっております。
  爺の【…】使いも自分で気になっています。
  「含み」よりも「自信のなさ」「いい加減さ」が見え見えで…。

ではでは
 

Re:minodii様(2)

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月11日(木)12時36分13秒
返信・引用
  >文章を手書きしますといまだに旧字旧かな混じりになります。
>あくまで『混じり』で正統でないところが泣き所です。

 そんなことも無いと思いますよ。
 正字・新字についてですが、前述の高島氏によりますと、正字正仮名時代にも漢字の画数が多いものについては手書きの際に略字を用いていたそうですから、その逆がダメだとも思いません。
 仮名遣いについては、確かに混ざらない方がいいとは思いますが、笑われるようなことでもないと思います。
 少なくとも、戦後の國語改革のデタラメさを知ってしまった私には、現代仮名遣いを無条件に正しいとしている連中の方がよっぽどおめでたいと、その無知を嗤ってしまいます。

>最近になって
>「こういう時代を生きた証だ」
>と開き直り、対外的なものは別として、自分用の記録、メモなどは思いっきり自由に楽しんで手書きするようにしています。

 評論家の呉智英氏も、自分用の手書きメモなどは正字・正仮名で書かれているそうです。理由は「正字・正仮名の方が論理的だから」だそうですが、若い人でも正字・正仮名で綴る人は思っているよりも結構いらっしゃるようですよ(某メルマガで、20代の読者の方が発行人に質問をする際、正仮名で綴っているのを見たことがあります)。

>[Microsoft IME 2000]に馴染めず[ATOK 11]を押し込んで使っています。最新バージョンに文語モードがあるんですか!

 IMEとATOKには雲泥の差がありますね。
 そう言えば昔、マイクロソフトがジャストシステムに「一太郎をマイクロソフトの正式な日本語ワープロソフトにしたい」と言ったそうですが、ジャストシステムが断ったという経緯があります。ジャストシステムにはソフトを箱売りするという昔ながらのイメージしかなく、これからはプリインストールで売れていくという意識が無かったのでしょう(それともジャストシステムがマイクロソフトに吸収されるのをおそれたのでしょうか???)。
 現在、マイクロソフトのワードとIMEという使い勝手の悪いソフトが普及し、不便な日本語環境が広がってしまっているのはご存じの通りです。

 どうも正字正仮名になると熱くなってしまうようです。自分が新字でしかつづれないことのコンプレックスかもしれません。長々と好き勝手書いてしまいましたが、この辺で。
 

Re:minodii様(1)

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月11日(木)12時36分50秒
返信・引用
  >minodii様

 書き込みありがとうございます。

>ブログに破滅的(バカ丸出し)休業お知らせ文を掲載しました。

 休養されるとのことですが、気が向いたら是非お書きになってください。一ファンとしてのお願いです。

>>やたらと漢字を使いたがることです。しかも横書きで…
>申しわけございません。仰有るとおりのダメ爺です。

 minodii様のことではありませんよ(じゃあどこの事だと言われても名指しで挙げるわけにもいきませんが(笑)。正字正かなで検索してみて下さい)。少なくとも休養宣言の文章は表現技法としてはあれでないといけないと思いますし。
 彼ら(アホほど漢字を使いたがる正字正仮名使用者)の敬愛する福田恆存の「私の國語教室」(※「福」と「教」の字も正字)も、接続詞などにまで徒に漢字にして読みにくくはしていません。ひらがなばっかりの文章も読みにくいですが、漢字ばかりの文章もこれはこれで読みにくいのです。
 私の漢字仮名交じりのスタイルは高島俊男氏を手本にしているつもりです。すなわち、
1.訓読みの漢字は仮名で書く(詳細は高島「漢字と日本人」(文春新書)や同「お言葉ですが…」シリーズ(文春文庫)をご参照下さい)
2.それだとひらがなばっかりになるので、読みにくい所は漢字を混ぜる
というものです。要は、漢字を文章にメリハリをつける道具としても用いるわけです。
 もっとも、「だっしーよ、もっとメインテーマをわかるようにはっきり書け」と漢字表現以前に文章構成面でのご指摘をたくさん頂戴しておりますので、そっちの方を重点的に考えなきゃならないと反省しておりますが(笑)。括弧書きが多くて読みにくいのも何とかしなければなりません。が、それは修行中です。

>「旧字旧かな入門」はまだ目を通しておりません。

 あれはレファレンス本ですから、漢字のとこなんてその都度参照するくらいでいいと思いますよ。

>退職後、「候文」の仕組み、成り立ちを知りたくて
>近隣に居られる中学校長、小学教頭先生等に参考になる書籍を
>訊ねた事があります。それぞれ
>「今どき死語死文に」「つまらんことを…」
>と鼻であしらわれて気落ちしたままになっています。

 その方々の反応、私から言わせれば最低です。少なくとも、人が何かに興味を持つことを鼻であしらうことは褒められた行為とは到底思えません。
 そう言えば、小学校の頃、私が星座に興味を持ってあれこれ調べていたとき、近所に住む小学校の先生が私にこう言いました。
「そんなことまでテストに出えへんで」
 ちなみに、うちの父はこれを聞いて「要らんことを言うな、あの腐れ教師!」と怒ってました。
 人が興味を持ったことに対し、自分は興味がないからといって「今どき死語死文に」「つまらんことを…」などと斬って捨ててしまえるのは、知的頽廃だと思います。しかも、候文というかつて日本にあった文化を「死語死文」などと言い放ってしまうことも、私に言わせれば野蛮としか言いようがありません。そんな人たちが教育に携わっていれば、そりゃ教育も荒廃するわな、と皮肉の一つも言いたくなります。
…ごめんなさい。ちょっと感情的になってしまいました。
 

言葉狩りについて

 投稿者:burn_nail  投稿日:2004年11月10日(水)23時25分56秒
返信・引用
  ダメなもの「言葉狩り」拝見しました。
この記事を読んで思い出したのが、ぼした祭りにまつわる一連の事件のことです。

それは、鹿児島で行われている随兵祭りにおいて、祭りの別称であり、
またお囃子でもある「ぼした」が朝鮮人からの抗議で使えなくなったことに端を発し、
82年に地元からの声により復活したが、今度は熊本県の民団、
部落解放同盟などによる抗議によって、またしても封印されてしまった事件のことです。

そもそも、ぼしたの語源が朝鮮を滅ぼしたから出たという説があり、それを聞いた朝鮮人が、
不愉快に感じるから抗議の対象になったという、誠に言葉狩りの見本のような話です。

私が思うに、戦後、言葉そのものを封じれば、全て丸く収まるような考えを持つ、
言葉ファシストが多く現れたように感じます。

それはまるで、星新一氏のショートショートに「白い服の男」という作品の主人公のようです。

もしこのまま、言葉狩りに拍車がかかり続けたとき、この国はいつか、
過去から連綿と続く言葉(国語)のエッセンスのようなものを失ってしまうのでしょうか。

そしてそれは、「国家とは国語である」と言われるように、
国の喪失へと繋がっていくのでしょうか。

とは言え、満足に言葉を使えない私が言うのも、如何なモノかとは思いますが。

取り留めもなく続いてしまいそうなので、この辺で失礼します。
冗長な文章、申し訳ないです。

ちなみに、「白い服の男」ですが、こんな話だったと、記憶しています。
平和のために、戦争という概念そのものを無くそうと、歴史から戦争に関する記述を消し、
戦争という言葉を口にしただけで厳罰に処される世界。
そこでは、例え無邪気に戦争遊びをする子供達であろうとも・・・。

間違っていたら、すいません。
それでは、失礼します。
 

飛んでしまった?爺

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月10日(水)22時48分55秒
返信・引用
  いろいろお心遣い有り難うございます。
とうとうやってしまいました。壊れました。
ブログに破滅的(バカ丸出し)休業お知らせ文を掲載しました。

>やたらと漢字を使いたがることです。しかも横書きで…

申しわけございません。仰有るとおりのダメ爺です。

「旧字旧かな入門」はまだ目を通しておりません。
ワープロソフトなんてあるんですね!知らなかった…

蛇足:
大東亜戦争開戦前後、父に代わって万年筆で手紙を認めていた
母の丸い肩を想い出します。全て「候文」でした。

退職後、「候文」の仕組み、成り立ちを知りたくて
近隣に居られる中学校長、小学教頭先生等に参考になる書籍を
訊ねた事があります。それぞれ
「今どき死語死文に」「つまらんことを…」
と鼻であしらわれて気落ちしたままになっています。

文章を手書きしますといまだに旧字旧かな混じりになります。
あくまで『混じり』で正統でないところが泣き所です。
よく笑われて書かなくなり、ワープロを使い始めました。

最近になって
「こういう時代を生きた証だ」
と開き直り、対外的なものは別として、自分用の記録、メモ
などは思いっきり自由に楽しんで手書きするようにしています。

人生の句点、読点で万年筆を買いました。
字が下手なのをペンの所為にしてピンキリ買いました。
インキ詰まりを警戒して、普段使いは四本にしています。

目が悪く細字で小さくは書けません。パーカーもモンブランも
ヤスリでごりごり削って太くしています。
いま一番使いやすいのはうまく削れた千円のセーラーです。

話、飛びます
[Microsoft IME 2000]に馴染めず[ATOK 11]を押し込んで
使っています。最新バージョンに文語モードがあるんですか!
へえー、そうなんですか…また教えていただいたー。
アリガトさんです。

ながなが書き散らしました。ご免なさい。
文法本を読みましても染みついた垢は流せそうもありません。
でも少しでも頭の隅に残るようなことがありましたら、
一つ二つと補正訂正出来るかも…と…。
では

とは申しましてもROMは続けますし、
こちら様と純喫茶「シャトー・ド・使用上」様へは
寄らせていただきたいと考えております。ご迷惑でなければ…
 

Re:こぶくろふぁん様&minodii様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月10日(水)03時12分52秒
返信・引用
  >こぶくろふぉん様

 書き込みありがとうございます。と返事が遅れて申し訳ないです。

> やっぱりキングコングだけ面白くなかったです。
> また調子乗って梶○が騒いでました。

 目に浮かぶようです。というか、アレを笑う客の方が理解に苦しみます。面白いことを一つも言ってないのに客が笑う…それがある意味面白い(funnyではなくinterstingの方)です。
 なんで活動休止したときにそのまま居なくならなかったのだろう、と悪いことを考えてしまいます。

>minodii様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

 心中お察しします。
 確か私が中学三年生の頃でした。父が仕事を辞めたことがあります。使用上君のお父様も一度お仕事を辞められているそうですね。ただ、使用上君の所とうちはかなり違いました。
 父が仕事を辞めたとき、急に食生活が豊かになりました。家族でステーキを食べたりてっちりを食べたりと妙に羽振りが良かったのを覚えています。忙しかった父の休養と充電をしていただけだったのですが、両親はその羽振りの良さには一切触れなかったので、子供心に「無理心中する前に贅沢するの?」などというおそれが一瞬ちらっと脳裏をかすめたりもしました。
 ごめんなさい。お慰めするつもりが不謹慎なお話になってしまいました。不愉快な思いをさせてしまったなら謝ります。

「旧字旧かな入門」で正字正仮名の綴り方をマスターできても、正字正仮名を綴るワープロソフトがなかなかなくて困っています。「松茸+契沖」はちょっとなぁ…と思っていましたが、ATOKの最新バージョンに文語モードがあると知りました。折を見て購入するつもりです(ネット上に辞書も落ちていました)。
 最近では正字正仮名で文章を綴る人もいらっしゃいますが、一つ不満なのは、やたらと漢字を使いたがることです。しかも横書きで、読みにくいったらありません。
 とりあえず、文語モード(正仮名)が綴れるようになれば、高森明勅氏や長谷川三千子氏(「正義の喪失」(PHP文庫)がお薦めです)のように新字・正仮名で書いてみようかなとも思っています。

 長々と書きましたが、この辺で。それではまた。
 

「旧字旧かな入門」と「やちまた」

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月 9日(火)00時32分49秒
返信・引用
  こんばんはー…
きょうはちょっと沈んでいます。少しだけ座らせて下さい。

いやなに、子どもたちにいろいろあって…。
上の子が「疲れて本も読めない、PCもかまえない」と言うので
心配していましたら、きょうは娘の旦那が失職した様子の電話…。
これまでもワンツーの連発を受けていたのですが、先ほどのは
ずしんとボディに効きました。

ま、それは置いといて─
11月1日の「ダメなもの『国文法の扱い』」で紹介されて
いらっしゃった「旧字旧かな入門」が富山市の書肆別館専門書館に
在庫有りと連絡が入りました。近々行って購入します。

また
同記事への香港国際警察さんのコメントにありました「やちまた」。
いろいろ探していましたら何と当町の図書館にあると判りました。

ホントに皆さんに教えていただいて有り難いことです。
少し落ち着いて本を読む意欲が出てきましたら借りだして
こようかと思います。

ブログの方はしばらく休業です→いままでも開店休業状態(-_-;
だっしーさんの[DUOFOLD]を話題に、こちらにはお邪魔するかも…。
 

今日

 投稿者:こぶくろふぁん  投稿日:2004年11月 7日(日)22時02分44秒
返信・引用
  某大学の文化祭でキングコングやチュートリアルが出てました。
やっぱりキングコングだけ面白くなかったです。
また調子乗って梶○が騒いでました。
 

Re:minodii様&使用上の注意様&burn_nail様&瀬戸内様

 投稿者:だっしーメール  投稿日:2004年11月 7日(日)02時00分29秒
返信・引用
  >minodii様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

 PARKERなら、万年筆をもっています。
 司馬遼太郎展で司馬がPARKERを愛用していたのを知り、二十歳の誕生日に自分で買いました。「DUOFOLD」のミレニアム・エディションです。
 書き味は良いのですが、ちょっと普段使うのには太字過ぎてあまり使っていません。勿体ない限りです。

>いや、世の中驚くこといっぱい!!
>七十年間アナの中だったんだなー。よし、長生きするぞっ!!

 私も、自分が穴の中にいたと思う気持ちは同じです。
 ネットというものの登場によって、我々は初めて個人で情報発信が出来るようになりました。この辺の話は岡田斗司夫「ぼくたちの洗脳社会」(朝日文庫)に譲りますが、これはまさに革命的な転換点だと思います。そのときに痛感したのは、日本人一般の文章力やオリジナリティ・パロディといった能力のポテンシャルの高さです。日本語は非論理的だだのと言われたりもしますが、昨今のブログを見る限り、全般的に文章力は高いと思います。バカ中高生ですらメールでコミュニケーションをとり、絵文字などを駆使して表現法を編み出しているくらいですから(もっとも、これは彼らの言語表現の限界と表裏一体ではありますが)。

>使用上の注意様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

 忍者カウンターですが、昨日の晩、何故かカウンターがリセットされてました。ショックです。
 それ以外に特に不都合はありませんでしたね。やはり、多少はずれますが。

>burn_nail様

 書き込みありがとうございます。と、お返事が遅れ申し訳ありません。

 政治家も普通に大変な仕事だと思います。国会中継なんかの地味な委員会で地味な問題に地道に取り組んでいらっしゃる方もいるのですが、そんな人にはほぼ全くと言っていいほどマスコミは食いつきません。
 マスコミはいつだってわかりやすい方にしか目を向けません(それは、鳩山・菅・岡田などというしょうもない政治家を持ち上げることに端的に表れています)。
 本当の意味で政治家を育てるには、その政治家(政治)を監視するマスコミもレベルアップしなければならないと痛切に思います。「国民の知る権利」を代位行使している、ある意味で国会議員と同じくらい重要な我々の代表とも言えるマスコミがあの体たらくですから、そりゃ政治家もロクなのが出てきませんよ。

>瀬戸内様

 書き込みありがとうございます。
 ダメなもの「」という形式は使って頂いても全然構いませんよ。模倣されるということは、前提としてオリジナルの形式が他人様に認識して頂いていることの証ですから、元祖(本当の元祖は土井たか子かな?)としては嬉しい限りです。
 それに私は「悪いなー、瀬戸内さんにうちのブログの宣伝までしてもらって」と考えるくらい睾丸…じゃなかった、厚顔な一面も持ち合わせております。露骨かつあんまりな内容のパクリならともかく、『ダメなもの「」でしたら』これからもどんどん遠慮無くお使い下さい。
 

だめなもの「模倣」

 投稿者:瀬戸内  投稿日:2004年11月 6日(土)19時57分17秒
返信・引用
  どうもお邪魔します。
えー、大変言いにくいことなのですが、というかもうお気づきだと
思いますが、「ダメなもの」の形式を、そのあまりのセンスのよ
さに、ちょこっとだけ使わせてもらっています。ちょこっとだけです。
カタカナ部分の「ダメ」を平仮名の「だめ」にアレンジしたりしま
した。さらに、最初はちょびっと遠慮しまして、中途半端に使用し
てました。
いや、もう、はっきり言います。

パクリました。

ヒイィィィ!!(´Д`ノ)ノ
 

政治家について

 投稿者:burn_nail  投稿日:2004年11月 4日(木)20時40分40秒
返信・引用
  「菅直人(の今日の一言)」拝見いたしました。
今回の記事も大変興味深く拝読いたしました。

ここのところとみに、私も政治家に対して思っていることがあるですが、
それは、ここ数年来の政治家の殆どが、政治家になった後ではなく、
なるためにのみ精力を傾注しているように思えて仕方がないのです。

政治が目的ではなく、政治家になるのが目標とは、
本末転倒も甚だしいことです。

また、その結果として、政治家になるためのノウハウばかりを蓄積し、
政治自体には無能な政治家が増えているのではないでしょうか。

そしてそのせいで、官僚が「我々が居なければ、この国は立ちゆかない」
という考えを持ってしまうのは、
ある意味、当然の結論に帰結しているのでしょう。

本当にこの国の現状は困った状況のようです。

とはいえ、国家の危機が有能な政治家を生むのなら、
無能な政治家に振り回されている方が、まだマシなのでしょうか?

>minodii様

人生の先達である方から身に余るお褒めの言葉を与り、大変恐縮しております。
もし、ご意見など御座いましたら、遠慮なく仰っていただけると幸いです。

これからもよろしく御願いいたします。

追記
minodii様の啖呵の方が、堂に入っておられるように思いました。w
 

伝言お願い

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月 4日(木)15時06分29秒
返信・引用
  だっしーマスターのご紹介で
burn_nailさんのお話を拝聴する常連になっています。

「三人の天才」のお一人に対し
一度コメントなどを…と思うのですが
気が小さくおどおどと隠れ住む爺には
怖さのほうが先に立ってしまいます。

このお店にburn_nailさんも立ち寄られることを知りました。
語り口からそんなに怖いお人ではないと受け止めましたが、
気力も足腰も弱ってしまった爺が、
躍動する啖呵節に載せた正論に同期してスキップしながら
肯いていることを耳打ちお伝え下さらんでしょうか。
楽しみにしていることを添えて…。
----------------------------------------------------------
 何だこの世間知らずで頭の弱い、地方じゃねぇ痴呆ぢぢいは
 他にやることがないんだろな。

 つーか、バカはとっとと布団に潜ってハナ糞でも掘ってろ。

 なにが、「なになに、あれあれ…」だ。
 なにが、「目が悪い、耳が遠い、けつまづく」だ。

 黙れこのカス。
----------------------------------------------------------
なんて仰有らないでしょうね…。

追記:

だっしーさんのリンク集から辿った
Sean's無厘頭CafeのSean(yeung)さん。
この方も凄いですねー!
何がって、爺の持ち合わせ言語では表現できません。

いや、世の中驚くこといっぱい!!
七十年間アナの中だったんだなー。よし、長生きするぞっ!!
 

私も同じ…

 投稿者:使用上の注意メール  投稿日:2004年11月 4日(木)15時00分14秒
返信・引用
  >>だっしー様
だっしー様に倣って私も忍者ツールのカウンタを設置してみました。このカウンタって、ヒット数じゃなくて、訪問者数を表示するんですね…。使用上の注意としてはヒット数を表示したいのですが、他に適当なカウンタも見付からず、取り敢えずは表示に時間がかかる事もなく、大した不具合もないようなので、使ってみる事にします。

だっしー様のページもカウンタを設置したからと言って特段の不具合はないみたいですし、訪問者数表示でも良いのでしたら継続使用してみても宜しいのではないかと…。

パスワードについては、再発行を受け付けていないのか、さっぱり分かりません。お役に立てずスマソ。

ドリコムにはメールをしてみましたが、「限られたリソースの中、御要望にお応え出来る様努力してみます」と言う政治家答弁風の返事が来ました(笑)まぁユーザーの要望を無視しない態度が窺えるので、良しとします…。
 

三人の天才

 投稿者:minodiiメール  投稿日:2004年11月 4日(木)03時26分18秒
返信・引用
  使用上の注意さまのところを出て、もしかしたらと
しばらくぶりに回ってきました。
わー!こちらにも…!

あーそうだったんですか。
だっしーさんと使用上の注意さん…どうりでね!ふーん!

さっき手書きのメモに
「三匹の侍」ノーノー「三人の天才」に巡り会った。
袖すり合ったあまたの人が影を失いつつある。
隠者を望んでいたけれど
このお三人の照らし出すものをしっかり受け止めたい。

なんて「MOCHA」inkを入れたPARKERで書き付けていました。
使用上の注意さんのお店でぼそぼそ話しましたように
ほとんど言葉は出ないでしょうが、
ちょこちょこ寄らせていただきます。

こちらのお店ではE・ピアフのシャンソンに
キリマンジャロをお願いしようかな…。
 

レンタル掲示板
/6